Mono Works

株式会社Mono Works OfficialSite

Xperia Ear Duo XEA20 感想(12日目)

Xperia Ear Duo XEA20 感想(12日目)

お借りしていたXperia Ear Duo XEA20を12日間使ってみて、現在の感想を書いてみる。

結論から書くと、XEA20を10日間使用する中で、いろいろなシチュエーションで使用したが、ほとんどの場面で使い勝手が悪く感じた。その主たる原因は、耳の穴を塞がない構造で「周囲の音」と「イヤホンからの音」が両方聞こえるというコンセプトにあり、それらの具体的な感想をご紹介する。

公式サイト:Xperia Ear Duo(エクスペリア イヤー デュオ)XEA20 | スマートプロダクト | ソニーモバイル公式サイト

通勤時

この手の商品としては、もっとも一般的なシチュエーションではないかと思うが、一概に通勤と言っても、人によって手段は様々である。今回は、ワタシの通勤手段である電車乗車時と徒歩時の感想をご紹介する。

電車乗車時

電車のアナウンスが聞こえやすいというメリットはあるが、そんなメリットが吹き飛ぶほど周囲の雑音が煩く感じてしまう。まず、XEA20の音量を小さくして使用した場合、周囲の音が大きいとほとんど音楽が聞こえない。少しずつ音量を上げて、まあまあ音楽を聞き取れるくらいになると、今度は周囲の音が聞こえずらくなる。電車内における周囲の音は、電車内のアナウンス、電車の風切り音、人の動きによる雑音、会話などがミックスされ、意外とダイナミックに変化しているので、その辺が気にならないようにするには、けっこうなボリュームまでXEA20の音量を上げることになる。これなら、最初からノイキャン付いたイヤホン使った方がいいよね、という感想しかない。

徒歩時

電車乗車時と感想は、ほぼ同じ。電車と違って、自らの足で移動しているので、周囲の音が聞こえることによる安全性の向上はある。また、電車内と比べると騒音が少ないので、そこそこ聞こえる程度の音量で音楽を聴いていれば、周囲の音がまあまあ聞こえた。ただ、近くを自動車が通過したりすると、音楽がかき消されることが多く、以下同文。

ちなみにXEA20には、アダプティブボリュームコントロールという機能が付いている。これは、周囲の環境に合わせて、自動的に音量調節する機能と書かれていたが、この時点では、これがうまく機能しているようには感じなかった。後述するが、特定の状況でこの機能を実感することになる。

屋内

個人的には想定外のシチュエーションだが、休日に自宅でXEA20を付けて10時間ほど過ごしてみた。前回のレビュー記事でも書いたが、長時間付けたままにしていると耳が痛くなる。我慢できないほどではないが、レビューのためと割り切ってなければ、2時間くらいで外したくなった。

また、屋外のような騒音がないため、多少聞き取りずらい感じはあったが、家族との会話も成立。ただし、屋外と同じくイヤホンの音量次第なので、XEA20を使っていると、こまめに音量調整をしていたなあ、という振り返りがある。

屋外(強風時)

ここまで良いところのないXEA20であるが、感心したことが1点だけある。

わりと風が強い日に、XEA20で音楽を聴きながら自宅周辺を散歩していると、周囲の風音が気にならないことに気付いた。自宅周辺は、都心部と比べると喧噪が少ないが、近くに幹線道路があるので、そこそこ交通量のある地域。風がビュービュー吹いている中、XEA20を付けて歩いていても、風音が気にならず、音楽もそこそこ聴けた。しかも、風が吹いたり止んだりと、強弱があってもアクティブボリュームコントロールがうまく機能しているようだ。普段ノイキャンの付いたBOSE QC30を使っていると、強風の時は、ひどくノイズが混じってしまうので、この点については強く印象に残った。

なんとなくではあるが、自転車に乗って遠出をする際に、風切り音が気にならず、周囲の音も聞こえるという、かなり限定的なシチュエーションを想定して開発された商品ではないかと勘ぐっている。

最終評価

個人的には、いちおうコンセプトどおりに「周囲の音」と「イヤホンからの音」が両方聞こえるんだけど、どっちも快適に聞こえるとは言い難いので、作った人ちゃんと試した?とか、ある程度プロジェクトが進んだから途中でやめる訳にいかなくなったんじゃ?とか、思ってました。かなり限定的なシチュエーションであれば、なるほど使えないことはないと思ったし、聞こえ方には個人差があると思うので、気になった人は店頭で試してみたら良いと思います。家電量販店の中は、結構うるさいので、XEA20を試すには良い環境じゃないかな。

おしまい。

comments powered by Disqus
Googleブログ検索
Amazon検索
執筆者
"ぽぽろんち" pporoch
pporoch120
Mono Worksの中の人。DQX内では "ぬここ" の中の人もやってます。好きなことをつらつらと書き留めてます。
"DQX@ぬここ(UD487-754)"
採用案内