Mono Works

チラシのすきま

メモ:Android Studioの要素の参照先表示が便利

Android StudioのエディタでXMLファイルやJavaファイルを表示していると、dimenやstringに紐付けた要素が「最終的に使用される値」に置き換えられて表示されます。あくまでも見た目が変化するだけなので、置換された部分にマウスカーソルを重ねると、本来の記述が表示されます。

androiddevmemo20150813_00

以下、具体的な記述について

実際の記述

例えば、activity_main.xmlに、こんな感じで参照先と名前を定義して

activity_main.xml

<RelativeLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:paddingLeft="@dimen/activity_horizontal_margin"
    android:paddingRight="@dimen/activity_horizontal_margin"
    android:paddingTop="@dimen/activity_vertical_margin"
    android:paddingBottom="@dimen/activity_vertical_margin"
    tools:context=".MainActivity"
    >

    <TextView android:text="@string/context01"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        />

</RelativeLayout>

dimens.xmlとstrings.xmlに名前とリソースを記述しておくと

dimens.xml

<resources>
    <!-- Default screen margins, per the Android Design guidelines. -->
    <dimen name="activity_horizontal_margin">16dp</dimen>
    <dimen name="activity_vertical_margin">16dp</dimen>
</resources>

strings.xml

<resources>
    <string name="app_name">TEST</string>
    <string name="context01">まるで○○</string>
    <string name="action_settings">Settings</string>
</resources>

エディタでの見え方

activity_main.xmlは、こんな感じで表示されます。

androiddevmemo20150813_01

それで、「置換された部分にマウスカーソルを重ねると、本来の記述が表示されます」ということで、冒頭の記述にループします。

androiddevmemo20150813_00

ちなみに、置換された部分をクリックすると「本来の記述」に戻りっぱなしになります。一度Android Studioを起動しなおすと、再度dimenやstringに紐付けた要素が「最終的に使用される値」に置き換えられて表示されます。

初心者な自分には親切な機能ですが、上級者になるとかえって邪魔に感じてしまうこともあるようです。そんな時は、設定でこの機能をオフにしましょう。[File] > [Settings] > [Editor] > [General] > [Code Folding]内の「Android String References」のチェックを外すと、この機能が無効になります。

comments powered by Disqus
Googleブログ検索
Amazon検索
執筆者
"ぽぽろんち" @pporoch
pporoch120
Mono Worksの中の人。DQX内では "ぬここ" の中の人もやってます。好きなことをつらつらと書き留めてます。
"DQX@ぬここ(UD487-754)"
採用案内