Mono Works

チラシのすきま

メモ:setContentViewについて

前回、Android Studioのプロジェクト新規作成で自動生成された下記のコードで@Overrideに関するメモを記載しましたが、この中で実際に実行する処理「setContentView」について、今回メモしておきます。

@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
  super.onCreate(savedInstanceState);
  setContentView(R.layout.activity_main); /* 実行したい処理 */
}

setContentViewは、Activity上にView(画面を構成する要素)を表示するメソッドです。今回のコードでは、「R.layout.activity_main」を引数に設定しています。これは、activity_main.xmlというレイアウトファイルに画面レイアウトを設定して読み込ませるという記述です。

つまり

冒頭のコードは、onCreate()が呼び出されたら(アクティビティ開始されたら最初に)activity_main.xml(レイアウトファイル)を読み込んで画面に何を表示するか決めるということ。

今日のポイント

setContentView(R.layout.xxxxxx);

この記述で、xxxxx.xmlというレイアウトファイルを読み込みます。

おひれ

レイアウトファイルを読み込まずに、TextViewやButtonなどのViewGroupクラスを継承しているサブクラスを引数に設定して、Activity上にView(画面を構成する要素)を表示することもできますが、メモはまたの機会に。

protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
  super.onCreate(savedInstanceState);

  LinearLayout layout = new LinearLayout(this);
  layout.setOrientation(LinearLayout.VERTICAL);
  setContentView(linearLayout);

  TextView textView = new TextView(this);
  textView.setText("テキストビュー");
  linearLayout.addView(textView);

  Button button = new Button(this);
  button.setText("ボタン");
  linearLayout.addView(button);
}

comments powered by Disqus
Googleブログ検索
Amazon検索
執筆者
"ぽぽろんち" @pporoch
pporoch120
Mono Worksの中の人。DQX内では "ぬここ" の中の人もやってます。好きなことをつらつらと書き留めてます。
"DQX@ぬここ(UD487-754)"
採用案内