Mono Works

チラシのすきま

シン・Windows10 20H2 後の日本語IMEに関するメモ

以前書いた記事の繰り返しになるが、Windows10を 20H2に更新すると、Microsoft IMEのバージョンが新しくなる。新バージョンの Microsoft IMEでは、詳細設定ダイアログを開くことができず、詳細設定で追加していたキー設定も無効になってしまうため、こちらの記事に書いたような小細工をして、キー設定の変更をおこなっていた。しかし、そんなことしなくても Microsoft PowerToysを使うことで、簡単にキーマップを変更できたので、あらためてメモを残しておく。

  1. Microsoft PowerToys GitHub リリースページから実行ファイルをダウンロードしてインストール
  2. 管理者として再起動をクリック
  3. PowerToysの再起動後に常に管理者として実行するをON
  4. 起動時に実行をON
  5. PowerToysの左側メニューから Keyboard Managerを選択
  6. Settingsボタンをクリック
  7. キーの再マップボタンをクリック
  8. ボタンをクリック
  9. 英語キーボードの 右Altキーで IME ON/OFFを切り替えたい場合、キーでAlt(right)を選択し、マップ先でVK243(全角/半角)を選択してOKボタンをクリック

というわけで、古いバージョンの Microsoft IMEに戻すことができなくなっても、ひとまず安心… だよね マイクロソフト…

コメント

コメントなどありましたら、GitHubのディスカッションへお願いします。(書き込みには、GitHubのアカウントが必要です)
Googleブログ検索
Amazon検索
執筆者
"ぽぽろんち" @pporoch
pporoch120
Mono Worksの中の人。DQX内では "ぬここ" の中の人もやってます。好きなことをつらつらと書き留めてます。
"DQX@ぬここ(UD487-754)"
採用案内
// JS遅延読込み (function(window, document) { function main() { // GoogleAdSense読込み var ad = document.createElement('script'); ad.type = 'text/javascript'; ad.async = true; // 新コードの場合、サイト運営者IDを書き換えてコメントアウトを外す // 旧コードの場合、コメントアウトしたままにする //ad.dataset.adClient = 'ca-pub-XXXXXXXXXXXXXXXX'; ad.src = 'https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js'; var sc = document.getElementsByTagName('script')[0]; sc.parentNode.insertBefore(ad, sc); } // 遅延読込み var lazyLoad = false; function onLazyLoad() { if (lazyLoad === false) { // 複数呼び出し回避 + イベント解除 lazyLoad = true; window.removeEventListener('scroll', onLazyLoad); window.removeEventListener('mousemove', onLazyLoad); window.removeEventListener('mousedown', onLazyLoad); window.removeEventListener('touchstart', onLazyLoad); window.removeEventListener('keydown', onLazyLoad); main(); } } window.addEventListener('scroll', onLazyLoad); window.addEventListener('mousemove', onLazyLoad); window.addEventListener('mousedown', onLazyLoad); window.addEventListener('touchstart', onLazyLoad); window.addEventListener('keydown', onLazyLoad); window.addEventListener('load', function() { // ドキュメント途中(更新時 or ページ内リンク) if (window.pageYOffset) { onLazyLoad(); } }); })(window, document);