Mono Works

チラシのすきま

Hugoの新規記事作成用スクリプト(2018/07/05追記)

(2018/07/05追記) 2年近く経って、Bash on Ubuntu on Windows(名称が Windows Subsystem for Linux に変更)から Windowsの実行(.exe)ファイルを起動できるようになっていたので、新しく記事を書きました。こちらをご覧下さい。

Bash on Ubuntu on Windowsを導入した理由のひとつが、下記ページのhugo newを楽にするスクリプトを使いたかったからです。ありがたや。

‘hugo new’を便利にするスクリプト | Tomorrow Never Comes.

こちらのページに書かれているようにファイル作成したら、直接エディタでファイルを開けたら最高だったのですが、BoWでスクリプトを動かしても、そこからエディタを起動することはできませんでした。

BoWにVisual Studio Codeとかインストールしてみたり、.bash_profileにWindowsのCodeのパスを書いてみたりもしたんですが、うまくいかず。というわけで、その辺を削って、下記のようにファイル作成ディレクトリ指定部分とFrontMatterの書き換え部分のみを利用させていただいております。

#!/bin/bash
main () {
  slug="$1"
  file_name="mobile/$(date +"%Y-%m-%d")-${slug}.md"
  file_path="content/$file_name"
  if [ ! -e "$file_path" ]; then
    hugo new "$file_name"
    sed -i -e 's/title = \".*\"/title = \"タイトルをここに\"/g' "$file_path"
    sed -i -e "s/slug = \".*\"/slug = \"$(date +"%Y-%m-%d")-$slug\"/g" "$file_path"
  else
    echo "$file_name already exists."
  fi
}
main "$@"

UbuntuやMacで作業するようになったら、エディタも直接起動できるようになるんだろうなあ。大きなMacBookは会社で別のお仕事してるし、Chrome、Code、ターミナルくらいが動けば記事書くには十分なので、安いPC買ってUbuntuでも使ってみようかな。

comments powered by Disqus
Googleブログ検索
Amazon検索
執筆者
"ぽぽろんち" pporoch
pporoch120
Mono Worksの中の人。DQX内では "ぬここ" の中の人もやってます。好きなことをつらつらと書き留めてます。
"DQX@ぬここ(UD487-754)"
採用案内