Mono Works

チラシのすきま

Bash on Ubuntu on Windows から GUIアプリを起動

以前、Hugoの新規記事作成用スクリプトをBoWで実行する記事を書きましたが、その時はBoWからGUIアプリを起動できないと思ってたのですが、特定のアプリなら起動できるそうなので試してみました。

Windows上で動作するXサーバを導入

Win上で稼働するXサーバとしては、XmingVcXsrvが有名なようですが、今回は「VcXsrv」を導入してみました。下記サイトからダウンロードしたインストーラーを実行するだけでインストール完了です。

VcXsrv Windows X Server download

VcXsrvの起動

VcXsrvインストール後、スタートメニューから「VcXsrv」をクリック。セキュリティの警告が出ますが、アクセスを許可して、VcXsrvを起動しておきます。

X Windows Systemの設定

BoWにて下記コマンドを実行。X11アプリをインストールすると必要なライブラリがインストールされます。

sudo apt-get install x11-apps

x11インストール後、~/.bashrcに環境設定export DISPLAY=localhost:0.0を追加します。

echo "export DISPLAY=localhost:0.0" >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc

DISPLAYの設定については、こちらを参考にさせていただきました。

GUIアプリのインストールと日本語表示環境の導入

FireFoxをインストールして、起動してみました。

apt-get install firefox

(インストール終了後)
firefox

無事、Firefoxが起動したのですが、日本語表示部分が?に置換されていたので、unifontをインストール。

apt-get install unifont

とりあえず日本語を表示することはできました。

あと、Visual Studio Codeもインストールしてみました。Firefoxから、公式サイトに移動して、.debファイルをダウンロード。下記コマンドでインストール。

dpkg -i ~/Download/code_1.7.1-1478180561_amd64.deb

こちらを参考にいろいろ手を尽くしてみたのですが、VSCodeは残念ながら起動に至らず。

日本語入力環境の導入

下記サイトを参考にさせていただきました。

Bash on Ubuntu on Windows とX Windowの組み合わせで日本語表示と日本語入力: tonopぶらり

sudo apt-get install uim-fep uim-anthy

~/.bashrcに環境設定export XMODIFIERS=@im=uimを追加します。

echo "export XMODIFIERS=@im=uim" >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc

.uimファイルを作成

touch ~/.uim

~/.uimに環境設定を追加して、Bashを再起動。

(define default-im-name 'anthy)
(define-key generic-on-key? '("<Control> " "`"))
(define-key generic-off-key? '("<Control> " "`"))

xtermをインストールして

sudo apt-get install xterm

xterm上で下記コマンドを使用すると、日本語入力可能でした。

uim-fep

ただし、うちの環境では、VSCodeが起動できなかったり、Firefoxなどのアプリで日本語入力できなかったりと、やはり本物のLinux環境には及ばないところもあり、BoW上でのGUIアプリは、ひとまず様子見ですね。

comments powered by Disqus
Googleブログ検索
Amazon検索
執筆者
"ぽぽろんち" pporoch
pporoch120
Mono Worksの中の人。DQX内では "ぬここ" の中の人もやってます。好きなことをつらつらと書き留めてます。
"DQX@ぬここ(UD487-754)"
採用案内